髪の芸術家|ネイルスクールで未来が開く|夢を叶える第一歩

ネイルスクールで未来が開く|夢を叶える第一歩

レディ

髪の芸術家

ウーマン

専門の学校で勉強

美容士の資格を得るためには、専門学校で学ばなければなりません。美容学校と言っていますが、法律的には文部科学省管轄の学校ではなく厚生労働省が管轄している専門学校になります。平成12年から美容学校へ入学するためには、原則として高等学校を卒業しなければ入れなくなっています。美容学校で学ぶ科目や内容も一新され、学校での授業時間も大幅に増えています。新しく選択必修科目も作られて、エステテイックなど幅が広い知識を身につけることが可能になっています。学校によって選択科目は違いますから注意をしてください。美容士を目指す人は、これらの専門学校で教育を受けることで国家試験の受験資格が得られますので、美容師を目指す多くの人が、厚生労働大臣指定の専門学校に行っています。

いろいろな課程がある

美容学校には昼間の課程と夜間課程、通信課程の三つの教科課程があります。学校によっては夜間課程や、通信課程を設置していない学校もあります。昼間の課程の場合は、費用的には一番多くかかりますが学業に専念することができ、学校によってはクラブ活動のような形で、様々な研究や知識を身につけることができます。夜間課程や通信課程では働きながら資格の取得を目指すことができます、ですが学校と仕事、学校と学校などの両立は心身ともにハードですから、それなりの努力が必要になってきます、通信課程の場合、自宅での勉強は学科が中心で途中スクーリングで学校に行って、短期間に学科講義と実技指導を集中的に学んでいきます。実際に美容室で働きながら学んでいる学生に対しては、スクーリング時間の免除があります。